防災用の水を一家に一台設置する意味

ウォーターサーバを知っていますか?

 

水をタンクや大きな箱で、宅配するサービスです。

 

それをウォーターサーバに設置して常備して飲めます。

 

 

専門家によると原発の放射能は、原発の溶炉が冷却できるまで、つまり今後数年は大気に放たれるといわれています。

 

水の安全性は政府の信頼性とともにやはり心配になります。

 

また、東海地震も近いといわれる関東地域なら、なおさらウォータサーバを1家に1台供えておくべき防災手段ともいえます。

 

 

大地震で水道がでなくなる可能性も大きいです。

 

防災用の水を一家に一台設置する意味は大きくなっていくでしょう。

コストより安心安全の水サービスを選ぶ

水の宅配業者はたくさんありすぎます。

 

今なら水の放射能汚染など安全第一で、水の宅配業者を選ぶべきです。

 

水サービスの違いや比較は私もよくわかりませんでした。

 

水のラインキング形式のサイトは売り込みが多いので余計に迷いますが、下記サイトで安心・安全基準や水の業者比較がのっていました。

 

安心安全な水を選ぶなら、こちらを参考にしてみてください。

 

 

安心安全な水の宅配業者選び方