家の待機電力の状況

家の待機電力の使用状況を見てみましょう。

 

 

一般家庭の待機電力の年間消費電力量308kWhです。

 

一般家庭のの全体の年間消費電力量4,200kWhですから、計算上6%も待機電力が占めることになります。

 

使っていないのに、コンセントにつながっているだけでこれだけの消費があるのです。

 

当然、電力会社に6%も余計に電気代を支払っていることにもなります。
毎月1万円の家庭なら、毎月600円が無駄な支払い、年間なら7200円です。
7200円もあれば、家族でディナーにでも行ったほうが全然良いです。

 

待機電力は、単なるムダです。

 

余計な電力消費は電力のムダだけではなく、お金のムダ使いであり、地球環境に対してもエコではありません。

 

待機電力をカットできない家電としては

  • 電話
  • 録画するときだけのビデオ

だけです。

 

それ以外の、ガス給湯器やエアコン、テレビ、便座などの待機電力は単なるムダです。

 

ムダな待機電力を防ぐために、

  • 待機電力をムダにつかっていないかみんなでチェックする、
  • 使用した後にコンセントは抜く習慣

など家族で決め事をつくって家族会議をしましょう。