家の保険対策 〜地震保険

地震による家の倒壊、関東エリアの液状化現象などを目のあたりする現状から、地震保険の問い合わせが急増しているようです。

 

日本列島のプレート活動が活発になっている今、地震保険に入るかどうか、ほんとうに迷います。
そこで、地震保険について、わかりやすくポイントをまとめてみました。

 

 

地震保険は、単独では入れない。

地震保険は、あくまで火災保険のオプションです。

地震保険に入るには、まず火災保険に入っていなければなりません。
火災保険に入っている人は、地震保険を追加できるという仕組みです。

 

 

地震保険は、政府と民間の保険会社で運営される。

災害の際は、巨額の補償が必要なため、民間の保険会社だけでは運営できないため、政府と保険会社で一緒に運営されます。

 

 

地震保険の保険料は、保険会社がどこでも同じ

地震保険の保険料は、家の建物が木造かコンクリートか、どこの都道府県にあるかで一律決められています。
そのため、地震保険の保険料は、保険会社によるものではありません。

 

 

地震保険は、建物と家財の2つでそれぞれ契約を結ぶ

地震保険は、建物と家財でそれぞれ別の契約を結びます。
災害があって、家が破損した場合、建物、家財のそれぞれの契約に従い、保険金が出ます。

 

 

地震保険には、火災保険と違って上限がある

たとえば家が2000万円の建物の場合、火災保険では全額補償されたとしても、地震保険では契約によって1000万円までしか保険がおりないというように契約によって限度があります。
地震保険の最大の上限金額は決められていて、建物は5000万円、家財は1000万円までです。

 

 

地震保険は、災害時の被害判定は3つのレベルにのみ

地震保険は、迅速に支払らわれるという性質があるため、災害時の被害判定は3つのレベルしかありません。
3つのレベルについては、それぞれ何割の保険がおりるか、決められています(以下のとおり)。

全壊 全額
半損 50%
一部損 5%

 

 

一番多い地震保険の例

都内のマンションの一番多い地震保険は以下のタイプです。
5年ごとの契約で建物・家財合わせて850万円まで保険が下りる契約です。

 

保険額
  • 建物500万円
  • 家財350万円

 

契約金額
  • 5年間で契約で総額6万円

地震保険の問い合わせ先

地震保険はわかりにくいので、簡単にまとめていました。
ただし、地震保険の契約の詳細は、問い合わせをしたほうが確実です。

 

地震保険の契約等の詳細の問い合わせは、以下のとおりです。

 

日本損害保険協会

(9時-18時)

  • 0120-107808
  • 03-3255-1306(携帯)