家の地震対策

地震は突然やってきます。

 

そのときに、家族に被害があるかないかに差が出るのは、準備や話合いです。
地震のとき必ずしも家族が一緒にいるとは限りません。

 

災害時にどうすれば良いか、家族が離れ離れになったときはどうするかを、
事前に家族みんなで話し合うことが大切です。

 

以下のチェック項目のうち、いくつ対策ができているでしょうか?

地震のための家族での決め事はできていますか?

地震のための家族での決め事は?

  • 出火防止や初期消火などの分担を決めておく
  • 消火器や救急箱、非常用品の置き場所を確認しておく
  • ふだんから消火器具などの点検や家の補修、室内の整とんなどをしておく

 

 

 

防災場所の話し合い

  • 防災訓練への参加についても話し合い、積極的に参加する
  • 小さい子供にも、留守番をしているときや外で遊んでいるときはどうすればよいか話しておく
  • 避難場所が広い場合、集合する位置を決めておく
  • 避難場所を確認しておく(散歩がてら、家族みんなで実際に避難場所に行ってみる)
  • 安全な避難ルートを決めておく(最短距離よりも、安全ルートを優先)

家のどの場所も安全にできていますか?

食堂・台所

  • 食器棚などは固定金具などで固定する。
  • 食器だななどのガラス部分には、飛散防止フィルムなどを張る。
  • 物を収納するときには重いものを下にする。
  • 開き扉にはストッパーなどをつける。
  • 重いもの、割れやすいものは高いところに乗せない。
  • ガラスなどが飛び散ったときにそなえて、厚手のスリッパを履く。
  • 家具を固定。ガラス飛散防止フィルムを張る。厚手のスリッパも忘れずに。

 

 

 

居間

  • 棚類は固定金具などで固定する。
  • 家具のガラス部分には、飛散防止フィルムなどを張る。
  • ピアノは滑り出さないように固定する
  • テレビや花瓶は高い位置に置かない。額も落ちないように固定する。
  • 照明器具などのぶら下がっているものは落ちないようにチェーンをつける

 

 

 

寝室

  • 家具は壁につけ、ガラス窓や障子を背にして置かない。
  • 家具は転倒しないように固定金具で固定。
  • 2段式の家具は上下を固定。
  • 重いものやガラスケースなどを高いところに置かない。
  • 家具が倒れてきてもけがをしないよう、家具の配置と寝る位置を工夫する。
  • 揺れでガラスが飛び散った場合を考えて、ベッドの横等に厚手のスリッパを用意しておく。

 

 

小型消火器

  • 型・軽量タイプの住宅用消火器を備えている

 

 

家の周囲

  • ブロック塀や自動販売機に近寄らないようにする。
  • ベランダの植木鉢などが落ちないようにしておく。
  • ビルがある場合は、ガラスの破片がささらないように建物にちかづかない

 

 

防災用品はこちら災害時に役立つ防災用品