家の防災 完全対策

 

防災の準備しだいで、災害の被害が決まる

その日は突然やってきます。

 

突然起こる災害はどんなものがあるでしょうか?

 

家の災害として、一番多いのは、以下3つです。

 

  • 地震
  • 火災
  • 台風

 

それぞれの家の防災対策をここでは紹介します。

 

防災の準備しだいで、家族の被害が大きいか、小さいかが決まります。

 

子供がいる家族なら、子供の被害も親しだいです。

 

たとえ、その日が起きたとしても、災害を防げる可能性をかぎりなく高めましょう。
それぞれの防災について、防災対策ができているか、チェックしてみてください。

大地震・大震災が起こったら・・・

大地震・大震災が起こったら・・・

 

予期せず、それはやってきます。

 

通常の地震と違って、大地震・大震災の場合で必要なことは、
情報と知恵です。

 

大地震・大震災の被災者はすでに国内にたくさんいてその経験・体験をまとめています。
大地震・大震災の対策や、行動に必要な知識をおぼえておいてください。

 

 

大地震・大震災の失敗しない対策・行動はこちら

家の大規模停電対策・節電対策

東京電力により報道されているとおり、関東圏内では供給電力が850万kwの足りないことはご存知だと思います。

 

東日本にお住まいの方は、

  • 地震
  • 放射能

のほかに、

  • 大規模停電対策
  • 節電対策

を行うことがこの2,3年は必須な状況です。

 

 

いざというときに困らない大規模停電対策

特に今年の夏場は、もしも大規模停電になったときの行動も考えておく必要があります。

 

  • 大規模停電対策とは何ですか?
  • ほんとうに対策準備はできていますか?
  • 実際に起きたときに、動揺しませんか?

 

大規模停電対策ができているか、確認してみてください。

 

もしも大規模停電になったら

 

 

いざというときに困らない節電対策

節電対策はできていますか?

 

今後どのくらいの電力が使えるのか、最大電力の規制がされるのかなど不明な点が多い今、節電対策をしておくに越したことはありません。

 

家の節電対策ができているか、確認してみてください。

 

家の節電対策チェック

家の水対策

東海地震も近いといわれる関東地域なら、なおさらウォータサーバを1家に1台供えておくべき防災手段ともいえます。

 

大地震で水道がでなくなる可能性も大きいです。

 

防災用の水を一家に一台設置する意味は大きくなっていくでしょう。

 

 

 

水の宅配業者はたくさんありすぎますが、今なら水の放射能汚染など安全第一で、水の宅配業者を選ぶべきです。

 

水サービスの違いや比較は私もよくわかりませんでした。

 

水のラインキング形式のサイトは売り込みが多いので余計に迷いますが、下記サイトで安心・安全基準、水の業者比較がのっていました。

 

安心安全な水を選ぶなら、こちらを参考にしてみてください。

 

 

安心安全な水の宅配業者選び方

家の放射線物質の対策はできていますか?

放射線物質の対策はできていますか?

 

震災から4ヶ月もたってから、セシウムが牛肉から検出されたとのニュースがありました。

 

これまでに検出された水産物・畜産物・農産物をあげると、

コウナゴ
水道水
野菜
牛乳
お茶
牛肉

すでに、これだけあります。

 

おそらくまだ未検出の食品があると想定したほうがよさそうです。

 

お子さんがいる家庭なら、必ず必要な対策をとってください。

 

家の放射能対策

 

地震保険の加入を検討しましたか?

地震保険の内容をしっていますか?

 

保険に入らなくとも、後悔しない選択をしておきましょう。

 

そのために、地震保険のかんたんな知識は整理しておきましょう。

 

地震保険のかんたんなまとめ